セミナー・講演会|株式会社ドリームワークス

イベント

部下のやる気を引き出す指導者を養成!
社員の不満ゼロを目指す!!
【効果的な面談の必要性と活用法】

【自社の社員は自社で育成する】
これからの人材育成は、会社繁栄のための経営戦略として位置づけることが求められます。
今の時代の「育て方」を知り、社員一人ひとりを全面的に支援することが必要です。
これまでのような厳しい指導で育つ人が、確実に減ってきていることは分かっていても、
今までのやり方や考え方を変える事は難しいものです。しかし今後欠かせないのは、
継続した育成個別フォローであるという事を再確認する時が来ています。その為には面談をし、
社員がどの様な思いを持って仕事をしているのかをしっかり聞くことが重要となってきているのです。

【その面談、正しく機能していますか?】
「面談しています」
そうおっしゃる方は多いです。ですが全く状況がかわらないのはなぜでしょう。
それは面談の仕方が間違っているからかもしれません。

 ・聴いているつもりだが、相手の本音が聴きだせていない。

 ・質問しても返事が返ってこない。会話が続かない。
 ・そもそも評価目的だけの面談をしている。
 ・最後は結局自分が話をしている。

これでは人を育てる面談とは言えません。

社員の胸の奥に抱えている思いを引き出し、さらにやる気を出させる面談とはどういうものなのか。
面談者はどのような関わり方をしていくべきなのか。社員の力を引き出し成果を生む、効果的な
面談のノウハウをお伝えします。


============================

プログラム(一部のみ)

①組織をあげて取り組むべき課題
②指導者に求められるスキル
③効果的な面談とは

============================

開催概要

【日  時】  平成29年11月28(火) 13:30~15:30  
        開場/13:00

【会  場】  AOSSA(アオッサ) 6階 603号室
         福井市手寄1-4-1

【参加費】  お一人様3,000円

【対象者】  経営者・管理職・人材育成担当者

【定   員】     先着30名様




日時
2017年11月28日(火)
13:30~15:30/開場 13:00
会場
AOSSA(アオッサ) 6階 603号室
会費
お一人様3,000円

Photo Gallery

参加された方の感想

●社員との面談をしていく中で、私が望む答えを引き出そうとしていることに気が付きました。とはいえ、企業である以上、一定期間の中で成果を出さなければならないという事もあり、結果を急ぐあまり、つい相手を誘導したり、半ば強制的に会社にとって望ましい答えを求めてしまいます。社員の思いと融合させて、同じ方向にする為には、どの様な面談をすれば良いでしょうか。
((有)けんこーや 代表取締役 内田光紀様)


●「メンター」と「リーダー・マネージャー」は同じ役割だと思っていましたが、違いがよく分かりました。「メンター」の重要性が分かると同時に、自分に足りていない部分だと実感しました。コーチング意識します。
((株)ドラフト 代表取締役社長 伊藤佑樹様)


●現在、社内にてメンター育成研修(8講)を受講しており、その復習、確認も含めて参加させて頂きました。今後は、各部門の責任者全員が「面談の目的=人材育成、方向性のすり合わせ」である事を意識した「聴く」が出来るよう取り組み、指導者・面談者の育成にもつながるような体制にしていきます。セミナーでは、面談の目的や、メンター、コーチングなどに関して再確認する事が出来ました。
((株)ドラフト 人事総務課課長 大南高章様)


●改めて感じた事は、面談の度に聴きたい事を聴き出せず、業務の進捗確認ばかりになっているという点でした。普段の業務時間内に葉、ティーチング・コーチングを意識する事が増えましたが、まだまだ面談という場で出来る事が多くあると思いますので、今後取り組んでいきたいと思います。まずは傾聴。
((株)ドラフト 課長 長岡竜也様)


●役職に就いて15年、代表になって3年。面談の場を何より重視してきましたが、代表になってからは社員との距離が広がったような気がして、今回受講しました。意識して「傾聴する」を心掛けていかなければなりませんが、つい沈黙に負けてしまうので、12月の面談では改めて基本に戻って個人面談を行いたいと思います。時間が掛かる事に対して焦らない。自分との戦いだと思いました。
(代表取締役社長 S・K様)


●効果的な面談とはこうあるべき、という理論はよく理解出来た。面談では自分が聴きたい事を質問するのではなく、相手が聴いて欲しい事を質問していくと、相手が心を開き本音を語ってくれる、という流れに納得した。しかし、頭では分かっていても実際に行うとなると戸惑う事も多いと思う。今回はロープレがなかったので、その時間もあると良かった。年末の面談で、質問の仕方を早速変えてみようと思う。
(保育園園長 S・Y様)


●今年から面談を行い、一人一人の考えや、職場への希望、今まで知らなかった個々の事が少しずつですが見えてきたように思います。私自身は、書面での希望調査はあっても、面談というものは受けた事がありません。しかし今年から面談を行う側になりました。今後は、今回教えて頂いた事を胸に取り組んでいきたいと思います。
(幼稚園園長 H・U様)


●面談を今まで取り入れた事がなかったのですが、これからは社員一人一人と向き合おうと思い参加しました。一番強く感じた事は、日常での生活が、社員への対応や態度に出ているのだという事。例えば、質問の聴き方で、誘導質問になってしまっていたり、詰問になってしまっていたり、押し付けのティーチングになってしまっていたり。メンターコーチのスキルをもっと磨き、人間関係を更に良く、会社の為に発展出来る様に勉強しようと思いました。解りやすく、少し早さもありましたが、楽しく学ぶ事が出来ました。

« 一覧に戻る

企業力を活性化する

  • 企業研修

  • 福祉施設研修

個人力を高める

  • 個別コンサルティング

  • 講演講師の養成

  • セミナー・講演実績紹介

  • メディア掲載実績

  • セミナー・講演会

  • お客様の声バックナンバー